Sony Xperiaの話題とか

Xperiaの話題と機種情報&価格情報をお届けするブログ

SIMフリーXperiaで楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を試してみました

投稿日:2020年4月8日 更新日:

楽天モバイルのMNOサービス「Rakuten UN-LIMIT」のSIMが届いたので、楽天回線”非”対応機種の海外モデルのSIMフリーXperiaで試してみました。結果をまとめると、こんな感じです。

エリア 楽天回線 パートナー回線
音声通話
Rakuten LINK
固定電話から着信×
固定電話へ発信〇
携帯電話から着信〇
携帯電話へ発信〇
音声通話
標準電話アプリ
発着信×
SMS Rakuten LINK〇
標準メッセージアプリ〇
Rakuten LINK〇
標準メッセージアプリ×
データ通信

注)Rakuten LINKを使うには、アクティベートが必要です。アクティベートにはSMS認証が必要となりますが、パートナー回線エリアだと標準メッセージアプリでSMSが使えないため、楽天回線エリアで実施する必要があります。

尚、音声通話ですが、携帯電話からの着信はRakuten LINK、固定電話からの着信はVoLTEとなるらしく、日本のVoLTEに対応していない海外Xperiaでは着信ができないようです。着信履歴は残ります。

海外モデルのSIMフリーXperiaでRakuten UN-LIMIT

海外モデルのSIMフリーXperia(海外Xperia)でRakuten UN-LIMITを試した結果や考察などを書いておきます。参考になれば幸いです。

APNとSIMステータス

APN設定は、APNに「rakuten.jp」を設定するだけなので簡単です。モバイルネットワークの種類は、楽天MNOは4G/LTEのみなので念のため「LTE Only」にしています。設定後に再起動した方が良さそう。ちなみに、楽天回線対応機種を持っていますが、ぶっつけで本番でSIMカードをXperiaに挿入しました。

上記は、パートナー回線エリアでのSIMステータスです。電話番号が不明、Voice圏外、Data圏内です。LTEバンド26に接続されています。

Rakuten LINKのアクティベート

Rakuten Linkは、Rakuten UN-LIMITで無料通話するための電話アプリです。

Rakuten LINKを使うには、アクティベート(SMS認証)が必要になります。海外Xperiaだと、SMSは、楽天回線エリア内でしか使えないため、Rakuten LINKをアクティベートするには楽天回線エリアで行う必要があります。

1度アクティベートすれば、楽天回線エリア、パートナー回線エリアに関わらずRakuten LINKが使えます。VoIPなのでモバイル回線/固定回線に関わらずネットに接続されていれば通話かけ放題ということです。ただ、手帳型ケースに入れてると着信音が鳴りません。この辺に癖がありそう。

尚、Rakuten LINKをアクティベートしなくてもデータ通信は使えるので、通話不要ならアクティベートは必須ではありません。アクティベートしないと特典の楽天ポイントが貰えませんが、それなりに使える品質のデータ通信が3,300円で1年間使えると考えれば損はないので、無理に楽天回線対応端末を用意したり楽天回線エリアに行く必要はないと思います。

音声通話とSMS

Android標準の電話アプリからの発着信は、楽天回線エリア、パートナー回線エリア共にNGです。iPhoneで発着信が出来たという報告が上がってるので、やはり海外XperiaではVoLTEが使えないようです。

SMSは、標準メッセージアプリでは、楽天回線エリアでOK、パートナー回線エリアでNGです。

Rakuten LINKのアクティベートを済ませてしまえば、楽天回線エリア、パートナー回線エリアに関わらずRakuten LINK経由で通話、SMSが使えます。

データ通信

my楽天モバイルで計測できる通信速度測定ツールの結果(左:楽天回線エリア、右:パートナー回線エリア)です。Googleの速度テストの結果と大差ないので安心してください。

今のところ悲劇的に遅いという結果は出ていません。20Mbps以上は安定して出ているので快適に使えます。100Mbps近く出ている方もいるようですが、問題はいつまでこの速度がキープされるかですね。

データ通信は、楽天MNOエリアなら使い放題、パートナー回線エリアなら2GB/月(4月22日から5GB/月)まで使えます。超過後は、128kbps(4月22日から最大1Mbps)です。

接続バンド

接続されるLTEバンドは、楽天回線エリアはバンド3、パートナー回線エリアはバンド26でした。

LTEバンド3と26(18)は、海外XperiaのハイエンドモデルだとXperia X Performance以降の機種なら対応しています。Xperia Z5が対応していなかったので、それ以前の機種も対応していないと思います。

ミッドレンジモデルは、Xperia X Compact F5321、Xperia X F5122は対応していますが、それ以外の機種は、確認した限り対応している機種はありませんでした。バンド3には対応しているので楽天回線エリアなら使えるかもしれません。

国内Xperiaだと、ドコモとソフトバンクの機種ならバンド3が使えるので楽天回線エリアで使えるかもしれません。バンド18(26)が拾えないので、楽天回線エリアを探すには向いてそう(笑)。

auの機種ならバンド18(26)が使えるのでパートナー回線エリアで使えるかもしれません。au端末で問題なく使えるなら楽天回線エリアが使えなくても、2GB/月(5GB/月)とかけ放題が2,980円/月は結構使えそう。

追記:Xperia Z4 SOV31以降のau端末(Xperia 8を除く)は、バンド3に対応していました。au端末最強?Xperia Z4 SOV31より前の機種は情報は、SIMロック解除対象外。

尚、楽天バンドを拾おうと移動しながら試してみましたが、楽天MNOのサービスエリアでも境界付近や飛び地になっている場所では全く拾えませんでした。

広範囲にサービスエリアになっているところで試したら、偶々かもしれませんがサクッと拾えました。サービスエリア内の人で賑わいそうなところ(駅や大型商業施設周辺)なら拾いやすいと思います。

まとめ

テストしたのはXperia XZ F8332とXperia XZ2 Compact H8324ですが、海外XperiaでもXperia X performance以降の機種なら、一応楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」が使えそうです。

自分は通話とSMSは使う予定がないので今のままで十分です。海外でもデータ通信2GB/月、海外→国内かけ放題というのが何気に有難かったりします。しばらく楽しみたいと思います。

データ通信だけでも十分使えるレベルと言えるので、持っているなら試す価値ありです。メイン回線で使うなら、楽天回線対応機種がいいと思います。対応機種は、VoLTE、SMSがきちんと対応しているんだと思います。

10月9日から新しいキャンペーンが開始されています。SIM単体の申し込みで6,000円相当の楽天ポイントプレゼントされます。自分が申し込みをした時にはなかった特典なので非常に羨ましい。

さらに、事務手数料(3,300円)全額ポイント還元、オンライン申し込みで3,000ポイントと合わせると総額12,300ポイントです。

申し込みの翌月末までに、「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話とメッセージ送信を各1回以上利用、というキャンペーン適用条件があるので注意してください。

キャンペーン期間:2020年11月4日8時59分まで

-Xperia
-

Copyright© Sony Xperiaの話題とか , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.