ソニー、eSIM対応「Xperia 10 III Lite」を発表!楽天モバイルなどから8月27日発売

ソニーは、5G通信に対応するミドルレンジスマートフォン「Xperia 10 III Lite」を発表しました。

Xperia 10 III Liteは、「Xperia 10 III」の派生モデルで、Xperiaとして初となるeSIMに対応しています。eSIMは、楽天モバイルやサブブランドなど限られた会社でしかサービスが展開されていませんが、即時開通出来るなど利便性が高いです。

それ以外の変更点は、ストレージ容量が半分の64GB、FMラジオ非搭載が確認できます。公式サイトでは、商品ページは共通なので、機能的な違いはほぼないということかもしれません。

名前にLiteを冠していますが、実質的な影響はFMラジオ非搭載くらいでeSIMの恩恵が大きそう。私は、海外滞在中よくFMラジオを聴いていますが、そう考えると、FMラジオとeSIMどっちも欲しい。悩ましい。

Xperia 10 III Liteは、楽天モバイルとIIJmioなどのMVNOから、8月27日から発売されます。価格は、48,800円(nuro mobile)。

Xperia 10 III Liteのスペック

機種名 Xperia 10 III
国内SIMフリー
OS Android 11
SoC Snapdragon 690 5G
本体
サイズ
154x68x8.3mm
重量 169g
バッテリ 4500mAh
USB PD
画面 21:9 6インチ
有機EL
FHD+ 1080x2520
内蔵
メモリ
6GB/64GB
外部
メモリ
microSDXC 最大1TB
背面
カメラ
12MP 1/2.8" ExmorR 27mm F1.8
8MP 1/4" 16mm F2.2
8MP 1/4" 54mm F2.4
光学2倍ズーム
前面
カメラ
8MP 1/4" F2.0
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
USB USB 3.1 Type-C
生体認証 指紋(側面)
NFC 対応
おサイフ
ケータイ
対応
ワンセグ/
フルセグ
-
耐久性 IP65/68
SIM nanoSIM+eSIM
その他 3.5mmオーディオジャック
発売時期 2021年8月

対応ネットワーク

機種名/Model ネットワークバンド
Xperia 10 III Lite XQ-BT44 3GB1/4
4GB1/3/4/12/18/19/38/41
5GBn77/n78

LTEバンドは、ドコモ/au/楽天回線に適合していますが、ソフトバンク回線のプラチナバンド(バンド8)に対応していません。

3Gバンドは、かなり削られ僅か2バンドのみ。FOMAプラスエリア(3Gバンド19)に対応していないため、FOMA SIMの運用は厳しいです。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、楽天モバイルがブラック、ホワイト、ブルー、ピンクの4色、MVNOがブラックとホワイトの2色。イエローは、ドコモ限定カラーです。

価格、キャンペーン

楽天モバイルは、46,800円。Rakuten UN-LIMIT VIと同時申し込みで5,000ポイント、MNPなら20,000ポイント還元。

IIJmioは、46,800円。8月31日までMNP限定特価29,980円。

mineoは、48,840円。

OCNモバイルONEは、40,469円。発売記念特価24,000円(2021年9月10日11時まで)

nuroモバイルは、48,800円。キャッシュバック5,000円。抽選で230名にソニー製ワイヤレスイアホンWI-SP500プレゼント。登録事務手数料無料。

ソニー公式「Xperia 10 III Lite発売記念キャンペーン」も実施されます。内容は、抽選で3,000名に、ソニーストアお買い物券5,000円分をプレゼント。IIJmio、mineo、OCNモバイルONE、nuro mobileの購入が対象です。購入期間2021年10月31日まで、応募期間2021年11月17日まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました