Sony Xperiaの話題とか

Xperiaに関する話題と機種&価格情報をお届けするブログ

Xperia XZ2 Compactの概要、ネットワークバンド、XZ1 Compactとの比較など

投稿日:2018年3月11日 更新日:

2018年2月26日、Sony Mobileがスペインのバルセロナで開催された世界最大級のモバイル関連イベント「Mobile World Congress(MWC)」でXperiaの2018年新機種「Xperia XZ2 Compact」を発表しました。

「Xperia XZ2 Compact」は2017年8月に発表された「Xperia XZ1 Compact」の後継機種にあたり、SoCにSnapdragon 845、アスペクト比18:9のフルHD(1080x2160)HDR動画再生対応5インチ液晶などを搭載するハイエンドコンパクトモデルです。

コンパクトモデルでは初となるフルHD対応、アスペクト比18:9の液晶搭載という大きく変化した「Xperia XZ2 Compact」ですが、「Xperia XZ1 Compact」と比較しながら概要を確認してみます。

Xperia XZ2 Compactのスペック

Xperia XZ1 Compactとの比較

機種名 Xperia XZ2 Compact Xperia XZ1 Compact
OS Android O Android O
SoC Snapdragon 845 Snapdragon 835
本体
サイズ
135x65x12.1mm 129x65x9.3mm
重量 168g 143g
バッテリ 2870mAh
Quick Charge 3.0
USB PD
3180mAh
Quick Charge 3.0
USB PD
画面 18:9 5.0インチ
FHD+ 1080x2160 HDR
4.6インチ
HD 720x1280
内蔵
メモリ
4GB/64GB UFS 4GB/32GB UFS
外部
メモリ
microSDXC 最大400GB microSDXC 最大256GB
背面
カメラ
19MP 1/2.3" ExmorRS 25mm F2.0 19MP 1/2.3" ExmorRS 25mm F2.0
前面
カメラ
5MP 1/5" ExmorR 23mm F2.2 8MP 1/4" ExmorR 18mm
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
USB USB 3.1 Type-C USB 3.1 Type-C
生体認証 指紋認証 指紋認証
おサイフ
ケータイ
NFC NFC
ワンセグ/
フルセグ
-/- -/-
耐久性 IP65/68
Corning Gorilla Glass 5
IP65/68
Corning Gorilla Glass 5
SIM
サイズ
nanoSIMx2 nanoSIM
その他 - -
発売時期 2018年3月 2017年9月

SoCにSnapdragon 845搭載

SoCがQualcommのSnapdragon 835からSnapdragon 845に変更されています。

835は性能向上、低電力化、低発熱と3拍子そろう非常に優れたSoCでしたが、845は性能は向上していますが若干発熱しやすいと言われています。ただ、大きなパフォーマンスの低下に影響するほどではないようなのでXperia Z4のような発熱問題にはならないと思われます。

5インチ液晶、フルHD

4インチ台の小型液晶搭載がコンパクトモデルの代名詞となっていましたが、コンパクトモデル初の5インチ液晶搭載となっています。解像度もHDからフルHDに変わり、画面の見やすさ、美しさはもはや別物という感覚です。

また、アスペクト比が16:9から18:9に変わり、縦向きに使うことが多いスマホでは使いやすさがかなり向上するのではないかと思います。

ROMが64GBに倍増

内部ストレージのサイズが32GB→64GBに倍増しています。今作からデュアルSIMモデルとなっていますが、ハイブリッドトレイなのでSIMを2枚刺すとSDカードが使えなくなってしまいます。内部ストレージの倍増は、SIMを2枚刺す人には非常に助かると思います。

前面カメラが13MP→5MP

Xperia XZ2でも同様ですが、前面カメラの画素数が13MP→5MPと大きく落ちています。CCDが1/4"から1/5"に小型化されているので同等の性能ということではありませんが、5MPカメラの搭載はXperia Z5まで遡ります。接写が基本の前面カメラなら5MPでも十分という気がしないでもないですが、大幅減は気持ちのいいものではありません。

また、Xperia XZ1 Compactの売りだった120度広角レンズもなくなっています。120度広角レンズはXperia XA2シリーズに搭載されているだけに本当になぜ搭載しなかったのか疑問が残ります。

バッテリ容量が微増

バッテリ容量が2700mAh→2870mmAhに若干ですがアップしています。しかし、GSMArenaのBattery life testsの結果はXperia XZ1 Compactが108時間に対しXperia XZ2が88時間とかなり落ち込んでいます。ディスプレイの大型化、高解像度化の影響なのか消費電力はかなり増しているようです。

厚さが約3mm、重量が168gにアップ

詳しくは後述しますがデザイン変更によりエッジ部分が7mm、中央部分が12.1mmというその差5mmというかなりのラウンドボディとなっています。前作から最厚部で約3mmアップがホールドした時にどう影響するか気になるところです。

また、重量が143g→168gと大幅に増量しています。すでにコンパクトに持つ印象に収まる重量なのかわかりませんが、168gは近年のハイエンドモデルの重量とそう違いがありません。Xperia XZ2 Compactに限らずXperia XZ2/XA2シリーズ全部がかなり増量しています。

Xperia XZ2ではバッテリ容量の増量による影響かと思いましたが、Xperia XZ2 Compactはそれほどバッテリ容量が増えていないので基本的な部品点数が増えているか特定の部品が増量しているのかもしれません。

Xperia XZ2 Compactの外観

Xperia XZ2 Compact


Xperia XZ1 Compact

Xperia XZ2 Compactの外観は大きく変化しています。エッジ部分はこれまで以上に丸みを感じますが、背面はエッジ部分の厚みが7mmに対し中央部分が12.1mmと大きく膨らむ形状となっているのが特徴的です。丸みが付いた分ホールド感は増してそうです。コンパクトモデルの象徴と言える幅65mmはキープし続けています。

液晶のアスペクト比が変わり縦長になっていますが、上下のベゼルは若干狭くなっている印象を受けます。

長く馴染んだ「Xperiaらしい」デザインからはずいぶん変わってしまいましたが、両機を見比べてみるとXperia XZ1 Compactのデザインは古臭く感じ、Xperia XZ2 Compactの方が好印象です。

小型のXperia X Performance?

5インチのディスプレイサイズはXperia X Performanceと同サイズなので少し比較してみたところ、縦横はかなり小さいですが重量はほぼ同量です。Xperia X Performanceより高性能で小型にしたと思えば168gの重量も少しは気にならなく・・・なりませんよね。

機種名 Xperia XZ2 Compact Xperia X Performance
本体
サイズ
135x65x12.1mm 144x70x8.7mm
重量 168g 165g

Xperia XZ2 Compactの対応ネットワークバンド

Xperia XZ2 Compact (H8324)、Xperia XZ1 Compact (G8441)のネットワークバンドを比較してみます。

機種名/Model ネットワークバンド
Xperia XZ2C H8324 2G: 850/900/1800/1900MHz
3G: Band 1/2/4/5/6/8
4G: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/26/28/38/39/40/41/66
docomo 3G: 1/6/19
docomo 4G: 1/3/19/21/28/42
au 4G: 1/3/11/18/26/28/41/42
softbank 3G: 1/8
softbank 4G: 1/3/8/11/28/41/42
Xperia XZ1C G8441 2G: 850/900/1800/1900MHz
3G: Band 1/2/4/5/6/8/19
4G: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/26/28/38/39/40/41/66
docomo 3G: 1/6/19
docomo 4G: 1/3/19/21/28/42
au 4G: 1/3/11/18/26/28/41/42
softbank 3G: 1/8
softbank 4G: 1/3/8/11/28/41/42

3Gネットワーク詳細

Band 周波数 通信キャリア H8324 G8441
1 2100 NTTドコモ(FOMAサービスエリア)
ソフトバンク(SoftBank 3G)
アジア
2 1900 PCS
米AT&Tモビリティ
米T-Mobile
加Rogers
4 1700/2100 AWS
米T-Mobile
5 850 米AT&Tモビリティ
豪Telstra
加Rogers
ブラジルClaro
Telemig Celular
6 800 NTTドコモ(800MHz帯再編終了前のFOMAプラスエリア)
8 900 フィンランドElisa
タイAIS
豪Optus
Vodafone
ソフトバンク(プラチナバンド)
19 800 NTTドコモ(800MHz帯再編終了後のFOMAプラスエリア)

4Gネットワーク詳細

Band 周波数 通信キャリア H8324 G8441
1 2100 NTTドコモ
KDDI/沖縄セルラー電話
ソフトバンク
タイ(AIS、dtac、truemoveH)
中国 (中国電信、中国聯通)
フィリピン(スマート)
2 1900 カナダ
中南米
3 1800 NTTドコモ (東名阪バンド)
ソフトバンク
香港 (CSL、3香港、PCCW、中国移動、SmarTone)
台湾 (中華電信、台灣大哥大、遠傳電信)
タイ(AIS、truemoveH)
豪州
欧州
中国 (中国電信、中国聯通)
4 1700/2100 米国 (AT&Tモビリティ、T-Mobile US、MetroPCS、ベライゾン・ワイヤレス)
5 850 豪州 (Vodafone)
中国 (中国電信)
7 2600 台湾(中華電信、遠傳通信、台湾之星)
タイ(予定)
TeliaSonera (北欧)
香港 (CSL、3香港、PCCW、中国移動)
豪州
カナダ
中南米
8 900 タイ(AIS、truemoveH)
ソフトバンク
欧州
中南米
中国(中国聯通)
台湾 (中華電信、台湾之星)
インドネシア
12 700 T-Mobile US (Aブロック)
AT&Tモビリティ (B、Cブロック)
13 700 ベライゾン・ワイヤレス
17 700 AT&Tモビリティ
ドコモパシフィック
19 800 NTTドコモ
20 800 欧州
25 1900 米国 (Sprint)
26 850 KDDI/沖縄セルラー電話 (MFBI)
米国(Sprint)
中国(中国電信)
28 700 NTTドコモ
KDDI/沖縄セルラー電話
ソフトバンク/ウィルコム沖縄 (旧:ワイモバイル)
台湾 (亜太電信、遠傳電信、國碁電子)
豪州 (Optus、Telstra)
ブラジル
ニュージーランド
中南米
38 - タイ(予定)
台湾(中華電信、台灣大哥大、遠傳通信、台湾之星)
欧州
ロシア
中国 (中国移動)
39 - 中国 (中国移動)
40 - タイ(予定)
香港 (中国移動)
豪州 (Optus)
中国
インド
南アフリカ
インドネシア (Bolt!)
41 - 米国 (クリアワイア)
中国
Wireless City Planning(AXGPサービス)
UQコミュニケーションズ(WiMAX 2+)
66 - -

日本市場対応

Model ドコモ ソフトバンク
3G4G3G4G
H8324 1/6/19 1/3/19/21/28/42 1/8 1/3/8/11/28/41/42
G8441 1/6/19 1/3/19/21/28/42 1/8 1/3/8/11/28/41/42

Xperia XZ2 Compactは、3Gバンド19に非対応となっています。バンド6と19は同じ基地局を使っているという話もあり、バンド6に対応していればエリアに違いはないと思われます。

Xperia XZ2の新機能

フルHD+ 5インチディスプレイ搭載

Xperia XZ2 CompactはXperiaのコンパクトモデル初となるアスペクト比18:9の5インチディスプレイを搭載。解像度はフルHD+にアップしています。また、HDRに対応し、これまでとは比較にならない程ディスプレイ性能が向上しています。

液晶サイズアップによる本体サイズの変化は、縦に6mm伸び横幅はこれまでと同じ65mmです。縦の伸びはアイコン1列分に相当します。画面の最上部に指が届きにくい場所をタップしたい場合には、画面の最下部を右、または左にスワイプすると画面が縮小する「片手モード」に切り替わります。

世界初4K HDR動画撮影

Xperia XZ2は世界初の4K HDR動画撮影に対応。これまでより色鮮やなコントラストをなす真に迫る動画の撮影が可能に。

デュアルSIM対応

Xperiaコンパクトモデルでは初となるデュアルSIM対応です。ただ、他のデュアルSIMモデルと同様、SDカードと排他となるハイブリッドトレイなのでSIMを2枚刺すとSDカードが載せられません。

まとめ

ディスプレイの大型化や高解像度化は非常に好印象ですが、やはり気になるのは168gの大幅に増えた重量です。これまでのコンパクトモデル同様、気軽にポケットに入れたり、首にかけたりといった使い方は難しくなるかもしれません。

ただ、あまり注目されていませんが、小型端末でデュアルSIM対応はかなりポイントが高いです。DSDSするにはいい機種になるのではないかと思います。

-Xperia

Copyright© Sony Xperiaの話題とか , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.